TOP
アウトライン
ニュース
番組ガイド
┗第324話
最新番組へ
番組一覧
出演者
舞台背景
インタビュー
Q&A
管理人
Links
IMDb
アウトバーンコップ
Back ひとつ前のエピソードへ戻ります Alarm für Cobra 11-Die Autobahnpolizei ひとつ先のエピソードへ進みます Next
第23シーズン 第324話 日本未公開
Bombenstimmung(直訳:爆弾の恐怖)
ゼミルの命をダシに、パウルがトレジャーハンターにさせられる。しかし目標物は宝ではなく爆弾だった。ジェニーがパウルの援助にまわる。
Episodebeschreibung シナリオ
高速道路を走行中、ゼミルが乗った車は、周囲を不審車に囲まれ、爆弾で大破した。少ししてゼミルが目覚めると、拘束されている!
スマホのビデオチャットを通じてゼミルとパウルとつながると、何者かが陰険なキツネ狩りのヒントを与える。小包爆弾3個がケルンにばらまかれ、起爆させないためには、それぞれの小包を30分で発見しなければならない。爆弾の犠牲者は、無作為に選ばれているわけではなく、犯罪者はよく知られた宛名を記載している。(www.rtl.deを参考にしました)2018.10.22掲載
Darsteller 出演
ゲスト出演のみ紹介●トーマス・アーノルド(シュテファン・カルマン)、エリザベス・ブレック(クラウディ・カルマン)、ダクマー・クルミン(老婦人)
Eindruck 印象
インターネットでドイツ語版を見た印象
この番組は一話完結が原則ですが、前話からの続きがあるとは珍しい。加えてジェニーも、これまでの空白がウソのように「通常勤務」状態。
ロケ地探訪
●ホーエンツォレルン橋の愛の南京錠
写真324-1 2015年春撮影 写真324-2 2015年春撮影
中盤、パウルが向かう先は、ライン川に架かるホーエンツォレルン橋。今更という気もしますが、あんなに通行人や観光客が多いところで、よくロケをしたものです。あそこにアンドレアとゼミルの南京錠もあったとは。パウルの後を追ったジェニーは、「Kripo Autobahn(高速警察)」と言って通行人に尋ねていたので、隊に復帰かな。愛の南京錠については、ロケ地探訪5>5-2 トレンド参照
●キッチン用品店 Küchenfinesse Gertrudenstraße 29, 50667 Köln
ゼミルの子ども達がドラムを習っている場所。看板が架かっていたので分かりやすかった。中心商店街の西側にあるこの通りは、未踏。次のアンドレアの車が爆発するシーンも近くのようですが、時間切れでした。
今話のドイツ語
●Bombenstimmung 爆弾ムード?
今回のタイトルは、日本語に訳しにくいですね。「Bombe爆弾」も「Stimmungk気分、ムード」もありきたりの単語ですが、複合語になったらどう訳すか。辞書には複合語の例として「Herbst・stimmung秋のムード、Weihnachts・stimmungクリスマス気分」が掲載されています。でも「爆弾気分」じゃ変。ネットを歩き回ると、「迫り来る爆発の恐怖」との印象を受けたので「爆弾の恐怖」としてみました。当たらずとも遠からずかな。
●Schnitzeljagd キツネ狩り
上で紹介したシナリオの原文にこの単語がありました。これもSchnitzelとjagdの複合語。独和大辞典に「細かな紙片をまきながら逃げる騎手をキツネになぞらえ、紙片をたよりに大勢で追跡する狩猟遊戯。またこれをまねた子供の遊戯。」とありますが、わかったようで分からないような。Wiki.de(※、独語)によれば、ざっくり言うと「宝探し」。でも今話は「宝」ではなく「爆弾」。しかもゼミルの家族にからめるとはこの番組らしい。
今話はこの二つの単語を知っただけでも勉強になりました。2018.10.26掲載
ansehen 見る
RTLnowで見る ドイツ版DVD 日本版DVD
 
番組ガイドへ戻ります ひとつ前のエピソードへ戻ります ひとつ先のエピソードへ進みます
番組ガイドへ もどる 次へ



Seit 11.Feb.2003 Happiness裕之介