TOP
アウトライン
ニュース
番組ガイド
┗第280話
最新番組へ
番組一覧
出演者
舞台背景
インタビュー
Q&A
管理人
Links
IMDb
アウトバーンコップ
Back ひとつ前のエピソードへ戻ります Alarm für Cobra 11-Die Autobahnpolizei ひとつ先のエピソードへ進みます Next
第21シーズン 第280話 日本未公開
Kriegsbeute (直訳:戦利品)
パウルのボディアクションシーンが光る。ゼミルの隠し事は直ぐにバレる。
Episodebeschreibung シナリオ

不法労働者ですし詰めのバンが、高速道路で凶悪犯に襲撃され、ゼミルとパウルが最後の頼みの綱だ。ふたりは、事件の背後に密航業者とブラック経営者の抗争があると気づいた。
ゼミルは、子供らと共にドイツへ逃げてきた若い女性ジャミラに深く同情し、即座に家族全員を保護する。しかしそれは大きな間違いだった。犯人は、愛する家族のために改装中のゼミル宅を嗅ぎつけ、廃墟と化す。
ゼミルはジャミラが隠し事をしていると確信する。我らがヒーローは、ジャミラとその家族に狙いをつけた犯人を、手遅れになる前に捕まえることができるだろうか。(www.rtl.deを参考にしました)2016.5.30掲載。

Darsteller 出演
Sanam Afrashteh(ジャミラ)、Volkram Zschiesche(Mahmoud)、Lilay Huser(ジャミラの母)、Stephanie Eidt(美術商 ヴェラ・バウマン)、Harald Siebler(美術商 フランク・ゲブハルト)、Lilly Marquardt(アミナ)
Eindruck 印象
インターネットでドイツ語版を見た印象
これだから「男は」と言われそうな回。印象を書きかけたままにしていたら、無料視聴期間が過ぎてしまい、覚えている限りで整理します。
1.アクションシーン
中盤のボディアクションは、雪が残っていました。3月の中旬頃、デュッセルドルフ周辺は季節外れの大雪だったので、その頃の撮影かな。
悪役の車は黒と決まっていたけど、今回はシルバー。でも正面のエンブレムが画面に映らないよう、微妙なカメラワークでした。
2.シナリオの補足
●冒頭、あろう事かゼミルは、隊長に内緒で自宅のリフォームの資材を業務用車で運搬。2時間だけ借りるつもりが結果は・・・。ゼミルは隊長への電話説明にしどろもどろ。こっそり使ったので、修理費用は、ゼミル自ら自腹にするつもりらしい。まず一つ目は隊長への隠し事。
この業務用車のボディカラーは、青と黄色のツートンで初めて見る色でした。
●ゼミルは高速道で助けたジャミラを隊舎へ連れて行きます。聞くところによると報酬は10ユーロ(約1,250円)。ゼミルが「時給か。」と聞くと、日給とのこと。
●ジャミラは、幼い子供を置き去りにできないので、早く戻りたいとのこと。ゼミルは送り届けますが、施設の現状を見て、リフォーム中の我が家へジャミラ家族を連れて行きます。
●ゼミルの家族は泊まりがけで遊園地へ。長女のダナは彼氏の所へ泊まりに行っているらしい。これが二つ目。家族への隠し事。
そこへ「遊園地jは休みだった。」と家族が帰ってきます。これからが大変。ジャミラ一人だったら血を見たかも。アンドレアの太っ腹がいいな。
●夜、何者かがゼミル宅を襲撃します。ゼミルはジャミラに「誰がここに居る事を知っているんだ。」と問い詰めます。家族が危険にさらされ頭に血が上ったゼミルに対し、パウルは冷静。
ジャミラの答えは「誰も知らない。美術商ヴェラ・バウマンを除いては。」
ジャミラは、夫と共に出身国の美術館で学芸員をしていたらしい。
3.ゲスト出演
ジャミラ役Sanam Afrashteh
番組中ゼミルから「ドイツ語うまいね。」と問われると、ジャミラは「父が教育熱心で、ハイデルベルクに留学していた。」と答えます。
ジャミラ役Sanam Afrashtehの両親はイランからの移民。彼女自身は1976年ドイツ・マールブルク生まれ。どおりでネイティブの話し方。
4.ロケ地探訪
Leopold-Hoesch-Museum レオポルド=ホーシュ美術館
コブラ11がジャミラと共に訪れる美術館。
ケルンから西へ約50km。デューレンにある美術館。Wiki.deによれば実業家一族ホーシュのレオポルド・ホーシュが、創業の父が亡くなった際、市に美術館建設資金として30万ユーロを寄贈。1905年にネオバロック様式で建てられ、第二次世界大戦で倒壊を免れたらしい。2016年5月19日掲載。
ansehen 見る
RTLnowで見る ドイツ版DVD 日本版DVD
 
番組ガイドへ戻ります ひとつ前のエピソードへ戻ります ひとつ先のエピソードへ進みます
番組ガイドへ もどる 次へ



Seit 11.Feb.2003 Happiness裕之介