TOP
アウトライン
ニュース
番組ガイド
┗第297話
最新番組へ
番組一覧
出演者
舞台背景
インタビュー
Q&A
管理人
Links
IMDb
アウトバーンコップ
Back ひとつ前のエピソードへ戻ります Alarm für Cobra 11-Die Autobahnpolizei ひとつ先のエピソードへ進みます Next
第22シーズン 第297話 日本未公開
Gefangen(直訳:捕虜)
ゼミル親子が人質になる。警官になる意志を固めたゼミルの娘ダナが大活躍
Episodebeschreibung シナリオ
今回ゼミル自身が餌食なる。娘ダナとカフェを訪れたところ、その場に居合わせた人々と共に襲撃に遭い、人質となった。
おまけにゼミルは、犯罪一味のリーダーを知っており、そのことが、勇敢な警官にとって命取りとなる。そして人質と父を救う重責をダナが担うことに。
一方パウルとジェニーは、犯罪者を別のやり方で片付けるべく全力を尽くす。しかしそれは危険だ。二人が犯罪者のゲームから手を引かなければ、ゼミルの最後の時間が間もなく来る。
(www.rtl.deを参考にしました)2017.5.25掲載
Darsteller 出演
ゲスト出演のみ紹介●ハラルド・ヴィンデッシュ(主犯ウヴェ・ロイター)、トルステン・ハムマン(マニー・ヴィルケ)、ラルス・ヴェリングス(特殊機動部隊指揮者)、マティアス・ラインハイマ-(フレデリック・ゾール)
Eindruck 印象
インターネットでドイツ語版を見た印象
ゼミルは娘ダナと人質に。若い女優と手に手を取って演じるエルドゥアン・アタライが羨ましい。
ゼミルが人質になったので、今話は、ジェニーとパウルのスピンオフ・コンビ。
写真297-1 メディアパーク
警察と、人質を取った犯人とが対峙します。今回のロケ地はケルン・メディアパーク。写真右端の建物が今回の舞台。詳しくは、ロケ地探訪第三弾その2>32-8メディアパーク
●冒頭、娘ダナは父ゼミルに、「警察学校へ行く。」と言っています。
一方ゼミルは、自らの経験から警官の苦労をとうとうと述べて娘を説得。
●事件発生、ダナは果敢に犯人に向かい、警官になる意志の固さが出ていました。
●犯人のひとりIT担当のフレデリック・ゾールの妻を、ジェニーとパウルのコンビが訪ねます。このとき、ドアが開いて、パウルは「同僚のジェニファー・ドルンです。」と紹介します。え~、「ジェニー」は略称なのかな。
タイトル「Gefangen」について
今回は人質事件なので、うっかり「人質」と訳を付けてしまいました。一呼吸おくと、訳のおかしさに気づいて「捕虜」に書き換え。でもなぜ「Gefangen(捕虜、囚人)」なんだろう。Geisel(人質)は、第248話のタイトル「Die Geisel」で使われているので、再使用出来ないとしても。
ゼミルらは当然「捕虜」だとして、人質犯は4人。主犯のウヴェ・ロイターが、他の3人を「捕虜」にして、動かしているようにもみえます。番組が進むと更に黒幕が登場して、主犯のウヴェ・ロイターも「捕虜」かも。
ドイツでTV放送を見た印象
写真297-2 CM 写真297-3 番組の一場面
ドイツ本国における今話の初回TV放送は2017年4月27日。この日はドイツを旅行中で、イエナのホテルの客室でTV放送を見ました。画像はTV画面を撮影した証拠写真(笑い)。
実のところ、この番組は日本でもネットで見られるので、旅行中積極的に見ませんが、今話は見ました。クライマックスの前にド~ンとCMが入るスタイルは昔のまま。番組終了後、間髪を入れず「第16シーズンTVムービー72 Stunden Angst(直訳:72時間の恐怖)」の再放送が始まり、民放らしい手法に乗せられ、引きつづき見ちゃいました。2017.5.27掲載
ansehen 見る
RTLnowで見る ドイツ版DVD 日本版DVD
 
番組ガイドへ戻ります ひとつ前のエピソードへ戻ります ひとつ先のエピソードへ進みます
番組ガイドへ もどる 次へ



Seit 11.Feb.2003 Happiness裕之介