TOP
アウトライン
ニュース
番組ガイド
┗第340話
最新番組へ
番組一覧
出演者
舞台背景
インタビュー
Q&A
管理人
Links
IMDb
アウトバーンコップ
Back ひとつ前のエピソードへ戻ります Alarm für Cobra 11-Die Autobahnpolizei ひとつ先のエピソードへ進みます Next
第24シーズン 第340話 日本未公開
Verhängnisvolle Nacht(直訳:大凶の夜)
パウルは本当に殺人犯か。ゼミルが相棒の真実に挑む。
Episodebeschreibung シナリオ
ホテルで目を覚ましたパウルは、悪夢に陥る。冷たくなったガールフレンドが、彼のそばに横たわり、凶器と彼の手は血だらけ。
ゼミルは、この殺人事件を捜査。嫌疑は相棒にかかる。
更に、パウルを殺人犯と断定できる、決定的なビデオが出てきた。ゼミルの苦悩は深まるのだった。
(www.rtl.deを参考にしました)2019.10.5掲載
Darsteller(Rolle) 出演者(役名)
ゲスト出演のみ紹介●ヤドラン・マルコヴィッチ(ゴラン・デュリック)、アンナ・カタリーナ・フェッヒャー(デュンヤ・ラリッシュ)、ミヒャエル・ブラントナー(パウルの父クラウス)
Eindruck 印象
インターネットでドイツ語版を見た印象
番組を見る前に、上の「シナリオ」を読んだとき、あまりにベタな内容だったので、それほど期待していませんでしたが、実際に見ると、遊園地のお化け屋敷に迷い込んだような緊張感で画面に釘付け
アクション、スピード感溢れる展開、先が読めないシナリオ、この番組らしい回でした。日本からネット視聴するとCMが挟まることも無く、テンポよく進むので快適。私にとって、最高の語学教材だし、ロケ地を巡る楽しさもあり、1話45分で何度も美味しい。
シナリオの補足
●ゲスト出演者は少ないし、フラシュバックや防犯カメラの映像で、事件の背景を見せてくれるので、わかりやすく、補足は不要かもしれませんが、一応書かせてください。
●タイトルロールの後、ゼミルは高速道路の事故現場へ。ゼミルが車体番号を秘書のスザンネに伝えると、盗難車。ゼミルは盗難されたホテルへ。客室には女性の遺体。
●スザンネから呼び出されたパウルもホテルへ。コブラ11が落ち合うと、鑑識は「指紋も、凶器も無かった」と報告。
●ホテルの外へ出たパウルに、犯人から電話。「証拠は握っている。大聖堂の地下駐車場へ行け。」と。
途中パウルは採血して、科学捜査官ハルトムートに分析を依頼。
ハルトムートが分析結果をパウルに連絡(毎度、彼の説明は難解)。パウルが言い換えます「殺人を犯しても覚えていない、ということか。」
●ゼミルは亡くなった女性の住まいへ。地下倉庫で、女性がハニートラップだったことが判明。
●爆発現場。パウルの携帯が鳴り、犯人から新たな指示。「高速4号線で、(麻薬を積んだ)トラックを停めるな。停めたら証拠の映像を検事へ送る。父のことも心配だろう・・・。」
●パウルは、父クラウスを訪問。父は無事。父は息子の顔も忘れるほど、アルツハイマー病が進行しています。
(中略)
●コブラ11と特別機動部隊が、麻薬を積んだトラックを尾行するシーン。助手席のパウルに犯人から連絡。「特別機動部隊を止めよ。さもなくば(パウルが殺人犯という証拠の)ビデオを検事に送る。」と。それを聞いたゼミルは意図的に事故を起こして、尾行は終了。相棒思いのゼミルですね。
●Kapitel3の2分45秒頃。シュランクマン検事から隊長に着信。シュランクマン検事の映像も音声も無かったけど、久々でした。まだ現役の検事なんだ。
ロケ地探訪
Steigenberger Hotel Köln シュタイゲンベルガー・ホテル・ケルン
写真340-1 2019年春撮影 ホテル東側
冒頭、殺人事件が起きるホテルのロケ地。電話でスザンネは、ゼミルにホテルの場所を「(Köln-)Deutz ドイツ」と言います。ドイツ地区はライン川の東側で、ケルンメッセがあり、ホテルも多いので、設定としては違和感がありません。ロケ地はライン川の西側にあります。
ここは、第331話のクライマックス、屋上でコブラ11・ダナと犯罪者が銃撃戦で向き合うロケ地でした。
このホテルの正面玄関は西側。今回のロケは東側の中庭で行われています。
殺人事件の現場なんて、ホテルのイメージにマイナスみたいだけど、よくOKしましたね。
Schanzenstr. シャンツェン通り
写真340-2 TV画面(C)RTL 写真340-3 2018年春撮影
左:ホテルを飛び出しだパウルは、犯人の指示に従って車を走らせます。
右:走行シーンはSchanzenstr. シャンツェン通りのInternationale filmschule kölnケルン・国際フィルムスクール前付近。ここはドイツ地区の北にあるので、つじつまは合います。
Apotheke Zum Goldenen Horn 金角湾薬局 Bonner Str. 28, 50677 Köln
前半でパウルが注射器を買うために寄る薬局。このエリアは、行ったことがありません。ちなみに金角湾は、トルコ・イスタンブールのボルボラス海峡にある湾。
爆破する店舗のロケ地 Kamekestr. 37-39, 50672 Köln
写真340-4 TV画面(C)RTL 写真340-5 2015年春撮影
左:その後、パウルはデリバリーカーを走らせ、「Da Nico」の赤い看板が掲げられた店舗の前で停車。そして店舗は爆破されます。「Da Nico」ではヒットしなかったので「ロケ場所の捜査」には時間がかかりそうでしたが、TV画面の右端に映ったレンガ色の建物でピンときました。
右:これがそのレンガ色の建物。左端に爆破された店舗が映っています。そばにはキリスト教会があり、番組でも一瞬映っていました。上のシュタインベルガーホテルから北へ1km。こんな市街地の真ん中で、派手な爆破シーンを撮影したんですかね。
Rastsätte Frechen Süd フレッヒェン南・サービスエリア
写真340-6 2018年春撮影 写真340-7 2018年春撮影
左:中盤、コブラ11を先頭に、サービス・エリアを出るシーン。遠方には、ケルン中心部にある大聖堂やTV塔が映っていました。
ここ、高速4号線のサービスエリアもたびたびロケ地です。ここからアクションコンセプト社まで、13kmほどだし、ケルンらしい映像が撮れるので、ロケ向きでしょうね。
右:ちなみにここには本物の「Autobahnpolizeiwache Frechen フレッヒェン高速警察隊」があり、ゼミルが運転する車の背後に、隊舎が映っていました。
Köln Messe ケルン・メッセ
写真340-8 2018年春撮影 写真340-9 2019年春撮影
クライマックスは、建設現場。背後に駅のホームが映ったことと、建物規模・構造等、状況を総合すると、くケルンメッセの建設現場らしい。
仕事柄、建設現場の状況を興味深く見つつ、銃撃戦で、コブラ11が盾にした水色の板は断熱材の硬質ウレタンフォームみたいだから、銃弾は簡単に貫通するはず。こんな盾では役に立たないよな、と劇画の番組にリアリティーを求める、職業病です。2019.10.9掲載、10.11最終更新。
ansehen 見る
RTLnowで見る ドイツ版DVD 日本版DVD
 
番組ガイドへ戻ります ひとつ前のエピソードへ戻ります ひとつ先のエピソードへ進みます
番組ガイドへ もどる 次へ



Seit 11.Feb.2003 Happiness裕之介