TOP
アウトライン
ニュース
番組ガイド
┗第285話
最新番組へ
番組一覧
出演者
舞台背景
インタビュー
Q&A
管理人
Links
IMDb
アウトバーンコップ
Back ひとつ前のエピソードへ戻ります Alarm für Cobra 11-Die Autobahnpolizei ひとつ先のエピソードへ進みます Next
第21シーズン 第285話 日本未公開
König der Diebe(直訳:窃盗王)
スリの姉弟が盗んだモノは。
Episodebeschreibung シナリオ

リザとフェリックスの姉弟は大きな困難に直面する。二人の若いスリは、高速道路のサービスエリアで「仕事」に及ぶ。しかし今回は、プロの殺し屋に突然追われ、フェリックスは逃走中に射殺されてしまった。一方リザは隠れ家へ戻る。二人は、重要な物だとは気づかずに盗んだのだ。
リザの命を救うため、ゼミルとポールは自らスリの世界に踏み込む。そして、リザを見つけ、誰がリザを狙っているのか、捜査に全力を尽くす。(www.rtl.deを参考にしました)2016.10.8掲載。

Darsteller 出演
ニコレ・メルセデス・ミュラー(姉リザ)、レオナルト・クンツ(弟フェリックス)、パトリック・カルパ(スリの親玉マルコ・リッダーマン)、ホルガー・ダエムゲン(建設会社社長オットマー・カーデルバッハ)、パウル・ファルク(スリ仲間マックス)、ルイス・フーゼルシュタイン(スリ仲間アーノルト)
Eindruck 印象
インターネットでドイツ語版を見た印象
パウルの優しさが光ります。一方ゼミルは、親心だろうけど厳しかった。
本筋の事件
●リザとフェリックス姉弟がレストランで飲食中。弟は「仕事」やギャンブルで金を稼いでアメリカン・ドリームを語りますが、姉は、「英語はできるの、橋の下で暮らしたいの。」と現実的。二人はロック・クライマーらしい。
(中略)
●船で。銃撃戦のスキを突いて、リザは水上オートバイで逃げます。その後、隊へ帰って来たコブラ11へ、ジェニーが報告。
リザとフェリックスの姉弟は、孤児院で育った。そしてスリになったらしい。二人が盗んだモノに、建設コンサルタント、ミッデルシュテットの財布があった。コブラ11はその財布を持ってミッデルシュテットを訪ねるものの、本人はガス爆発で死亡。偶然だろうかといぶかるコブラ11。そこへジェニーから電話があり、市中心部へ。
●ショッピングセンターで、スリの親玉リッダーマンの問いに、リザがコブラ11とのやり取りなどを答えます。
そこへコブラ11とジェニーも到着。ジェニーによれば、スリ一味は「窃盗王」と呼ばれ、このショッピングセンターが主たる「仕事場」なので、ここへ来れば一味を見つけることができると考えたらしい。
●(銃撃、逃走劇の後)ゼミルから確保されたリザは、パウル預かりとなり、パウルの住まいへ。
手際よく調理するパウルに向かって、リザは「毎晩調理するの。」と。そしてパウルは調理しながら、各国を放浪した経験を話します。
●翌朝、ゼミルが防犯カメラの映像を見ながら説明します。高速道路建設の業者選定において、建設コンサルタントの役割は大きい。
そこへハルトムートが現れて更に詳しく説明してくれます(この先はよく聞き取れないので、想像も含みます。間違っていたらゴメンナサイ)。建設会社社長オットマー・カーデルバッハは、その路面に使うアスファルトに粗悪品を使ったらしい。建設コンサルタント・ミッデルシュテットは、その証拠を握り、メモリー・スティックに入れて建設会社社長を揺すったもよう。
結局証拠のメモリー・スティックは、スリの姉弟に横取りされて、大きな事件に発展することに。
このシーンでゼミルは「1000万マルク」と言いかけて「ユーロ」と言い直します。「マルク」はユーロ導入以前のドイツの法定通貨。このセリフは台本にあったのか、それとも本当に間違えたのかな・・・。
ゲスト出演
Till Demtrøder
建設会社社長オットマー・カーデルバッハの手下として動く3人の殺し屋のリーダー役。この俳優さんはソープドラマ「Verbotene Liebe(禁じられた愛)」に2011年~2014年に出演していて馴染みがあります。「久しぶり」と声を掛けたくなるほど懐かしかった。
コブラの日常
277話の冒頭で、パウルはガスコンロでコーヒーを沸かしますが、今回はガスコンロで中華鍋を使っていました。ドイツなら電気コンロで平鍋が一般的なので、「ガスコンロに中華鍋」は特別も特別。
しかも何か動作をしながらセリフをしゃべるのは難しいので、その特別な「ガスコンロに中華鍋」を扱う慣れた手つき、あの体つきからすると、パウル役ダニエル・ローズナーは、プライベートで高タンパク低脂肪の食材にこだわって「ガスコンロに中華鍋」で自炊していてもおかしくないと思えます。逆に特技を番組で披露したかな。
ロケ地探訪
●Autohof Frechen
 Kölner Str. 209-211
冒頭のフレッヒェン・サービスエリアは、第279話の冒頭でも登場した所。
●デュッセルドルフ・メディアハーバー Medien Hafen
スリの練習場となっている船
写真285-1 2015年春撮影 写真285-2 2015年春撮影
前半、弟フェリックスの遺留品を手掛かりに、コブラ11は船だまりへ向かいます。この雰囲気は見たような気がすると思って、過去に撮影した写真をチェックしていたら、2015年春に撮影した写真にズバリありました。これまでもロケ地を「ニアミス」する事はありましたが、こんなに的中したことは初めてだったのでのけぞりました。場所はデュッセルドルフのメディアハーバーに係留されている船。別の場所に移動させている可能性もありますが、番組で右写真の建物やその他場所を特定できる風景が写るので、移動していないようです。番組では雪が残っていました。2016年3月中旬、デュッセルドルフは季節外れの雪が積もったので、ロケはその頃でしょう。
●ノイマルクト・ギャラリー Neumarkt galerie Neumarkt 2-4, 50667 Köln
写真285-3 2015年春撮影 写真285-4 2015年春撮影
Kapital2の1分過ぎ、左写真の構図の映像が一瞬映ります。場所はケルン大聖堂から南西へ1kmほどのノイマルクト。写真正面の教会は聖アポステルン。TVカメラはこの写真よりも引いて、右写真の駐車場の空き状況を示す案内板も映り込んでいました。右写真はスリ一味が密会するノイマルクト・ギャラリーの入口。そしてクライマックスの銃撃戦もここでした。地図はロケ地探訪第六弾に掲載しました。
シーンは屋上駐車場につながりますが、このショッピングセンターは中心商店街の真ん中にあり、とてもそんなに広い駐車場があるようには思えないし、Neumarkt galerieの公式サイト(※、独語)にも、「近隣の駐車場をご利用ください。」と書いてあります。恐らく屋上駐車場のシーンは郊外の他のショッピングセンターに移動して撮影していると思われます。
私はこの建物内に入ったことが無いので、次回のロケ地探訪ではぜひ行って自分の目で確かめてみたいな。2016.10.11掲載
ansehen 見る
RTLnowで見る ドイツ版DVD 日本版DVD
 
番組ガイドへ戻ります ひとつ前のエピソードへ戻ります ひとつ先のエピソードへ進みます
番組ガイドへ もどる 次へ



Seit 11.Feb.2003 Happiness裕之介