TOP
アウトライン
ニュース
番組ガイド
┗第328話
最新番組へ
番組一覧
出演者
舞台背景
インタビュー
Q&A
管理人
Links
IMDb
アウトバーンコップ
Back ひとつ前のエピソードへ戻ります Alarm für Cobra 11-Die Autobahnpolizei ひとつ先のエピソードへ進みます Next
第23シーズン 第328話 日本未公開
Schutzengel(直訳:守護天使)
神父はただ者ではなかった。
Episodebeschreibung シナリオ
ゼミルとパウルは、血まみれの男を追う。死にゆく男は、二人に確保される前、神父へ告白する。コブラ11から尋ねられた神父は、犯人を見ていないと言う。そしてもし神父がもっと知っていたとしても、「告解の秘密厳守の義務」により黙秘するだろう。
そして、パウルとゼミルは、亡くなった男の妻と娘が人質として監禁されていることを知った。
(www.rtl.deを参考にしました)2018.12.2掲載
Darsteller 出演
ゲスト出演のみ紹介●マーク・ホーゼマン(神父ヨハネス・レーマン)、イェフゲニ・ジトヒェン(フレデリック・ロルカ)、エフゲニ・フェレニン(ミシャ)、ホルガー・デルマン(運送会社管理者コンスタンティン・マイヤー)
ベルンハルト・コンラート(冒頭で亡くなった男ペーター・チュカイ)、イェニファー・フランク(妻ヴェロニカ・チュカイ)、デリアン・ベヴェアー(息子アントン・チュカイ)
Eindruck 印象
インターネットでドイツ語版を見た印象
正統派アウトバーンコップ
聞き取りのレベルは高め。理解するために何度も見ることになりますが、アクション、謎解き、ロケ地探訪が楽しく、見応えがあるこの番組だからこそ、繰り返し見ても飽きない完成度の高さを感じます。コブラの日常で少しリラックスさせてくれたらなとも思いますが、タダで見せてもらいながら、過大な希望かな。
フィンは久しぶりの登場なのに、よいところが無かったですね。
シナリオの補足
今話は私にとって最高の語学番組です。思いを文章に残したいものの、大筋理解できた時点で無料放送が終わったので覚えている限り。
●血まみれの男チュカイが、神父に「盗んだ。家族をよろしく。」と言って、宅配ボックスの暗証番号を渡して亡くなります。
●神父は黙秘するので、コブラ11は亡くなった男の自宅へ。応対した妻は「ご主人は死んだ。」と告げられても、「子供が病気だ。」と言ってコブラ11を追い払います。あまりの不自然さに、コブラ11が庭へまわると、異様な情景。
それにしても立派な一軒家。亡くなったチュカイは、まだ若かったけど稼ぎがいいのかな。
もぬけの殻となった一軒家で、コブラ11は勤め先の書類を見つけ、運送会社World Expressへ。
●運送会社の管理者マイヤーによれば、亡くなったチュカイが荷物の追跡システムを管理していたらしい。
これからは私の憶測も含みます。間違っていたらゴメンナサイ。
亡くなったチュカイは立場を利用して、モスクワからマドリッドへ運ばれていた7,800,000ユーロの保険が掛けられたIkone(聖画像)を盗み、神父に託そうとした。
後でゼミルが「チュカイのボスがDer rote Engelだ。」と言っています。それを分かって、冒頭の神父とチュカイのやり取りを聞くと、シナリオの絶妙さを感じます。
ロケ地探訪
写真328-1 2017年春撮影 DR画像
アウトバーン教会とは、Wiki.de(※、独語)によれば、ドライブ旅行で立ち寄れるように、サービスエリアなどに併設されている教会で、ドイツ国内には現在45あるとのこと。
今話ではRasthof Nievenheimニーヴェンハイム休憩所にある教会という設定。Kapitel1の2分半頃、休憩所の500m手前にある標識が一瞬映ります。右写真は昨年通ったときドラブレコーダーに映っていた5km手前の標識。教会のシンボルマークがアウトバーン教会を表すらしい。この休憩所に実際にある教会は小さくて絵にならないので、次で紹介する聖ヴィリブロートでロケを行ったようです。
St. Willibrord 聖ヴィリブロート 
写真328-2 2015年撮影 写真328-3 2015年撮影
左:教会のロケ地は、アイフェル地方の小さな集落にある聖ヴィリブロート(ロケ地探訪第五弾その2>52-7 聖ヴィリブロート参照)。
右:番組では、入口にあるこの案内板も映りましたが、教会名は「St.Hieronymus聖ヒエロニムス」に書き換えられていました。
この教会は、告解部屋(懺悔室)や磔刑の十字架もあり、典型的なカトリック教会。シナリオの原文にはPfarrerとあるし、ゼミルも「Pfarrer」と呼びかけていて、カトリック教会に牧師?と思い辞書を引くとPfarrerには「新教の牧師」と、「カトリックの(小教区)の主任司祭」という意味があり、神父は司祭に対して呼びかける際の敬称とあります。この案内版にもPfarrkirche小教区教会とあり、ナルホド、そういう関係だったのかと勉強になりました。
写真328-4 2015年撮影 写真328-5 2015年撮影
Kapitel1の9分半過ぎ、ゼミルが綺麗な教会ですね。」と神父に言います。神父ヨハネス・レーマンは、荒廃していた教会を、自費でリフォームしたらしい。
写真328-6 TV画面(C)RTL 写真328-7 2015年撮影
左:高速道路そばの教会という設定だったので、画面には高速道路高架橋が映っていました。
右:しかし実際には、教会のそばに高速道路は通っていません。3年前訪れた際、番組と同じ構図でたまたま撮影していました。
教会名も場所も架空なので、訪れたことがある場所でなければ、今話の画面情報だけでは、この教会にたどり着けなかっただろうと思います。
●Kapitel3の10分半、トレーラーターミナルは、An der Hasenkaule16,50354 Hürth。アクションコンセプト社からわずか250m。遠方に映っていたケルンベルクの高層住宅と、影の出方が早朝だと判断し、同高層住宅の西側の航空写真を集中的にチェックして探しました。
●クライマックスのアジトは、第316話で紹介したSchloss Calmuth カルムス城。
2018.12.7掲載、12.10最終更新。
ansehen 見る
RTLnowで見る ドイツ版DVD 日本版DVD
 
番組ガイドへ戻ります ひとつ前のエピソードへ戻ります ひとつ先のエピソードへ進みます
番組ガイドへ もどる 次へ



Seit 11.Feb.2003 Happiness裕之介