TOP
アウトライン
ニュース
番組ガイド
最新番組へ
番組一覧
出演者
舞台背景
スパイ・エンジェル
ザ・クラウン
ロケ地探訪一弾
ロケ地探訪B
ロケ地探訪三弾
ロケ地探訪四弾
ロケ地探訪51
ロケ地探訪52
ロケ地探訪53
インタビュー
Q&A
管理人
 
Links
RTLnow.de
RTL.de
actionconcept
de.wiki
EPW
fanpage.de
アウトバーンコップ/アラーム・フォー・コブラ11
Alarm für Cobra 11-Die Autobahnpolizei
5.Besuch am Drehort Teil2 ロケ地探訪第五弾その2
Inhalt 目次
1.ロケ地探訪51 Köln ケルン
2.ロケ地探訪52 Außerhalb von Köln ケルン市外
3.ロケ地探訪53 Autos und Autobahn 車とアウトバーン
52.Außerhalb von Köln ケルン市外
Düsseldorf    52-1 Medien Hafen メディア・ハーバー
52-2 Hotel Inter Continental インターコンチネンタル・ホテル
52-3 Schauspielhaus Düsseldorf デュッセルドルフ市立劇場
52-4 Düsseldorf Airport デュッセルドルフ国際空港
Bonn 52-5 La Redoute ラ・レドゥーテ(結婚式場)
Wuppertal 52-6 Stadthalle Wuppertal ヴッパータール・シティホール
Bad Münstereifel-Nöthen 52-7 St. Willibrord 聖ヴィリブロート
Bad Münstereifel-Effelsberg 52-8 Radioteleskop Effelsberg エフェルスベルク電波望遠鏡
地図のほぼ中央がケルン。北に向かってライン川が流れています。
一番北の④デュッセルドルフ国際空港から南の⑦聖ヴィリブロートまで道路距離でおよそ110km。
52-1Medien Hafen メディア・ハーバー
まずデュッセルドルフ編です。2011年4月ラインタワー展望台から撮影した写真に番号を振って掲載します。一時期はこのエリアで盛んにロケが行われていました。
今回出発前は、デュセルドルフをロケ地探訪する予定は無く、旅程を急遽変更しました。それで、特定の回のシーンを目指して行ったわけではなく、これまでの記憶をたどりながら回りました。そのため、事前の準備が足りず的外れな点もあるかもしれませんが、個人運営のお気楽サイトだと、ご容赦ください。
写真52-1-0 2011年4月 ラインタワー展望台より撮影
これからご案内するコースは、ラインタワーを降りて写真の左から中央のハイアット・リージェンシーに架かる橋を渡って行き、更にその奥にある港湾まで向かいます。
実際は、この写真の奥付近の路面電車の終点(719号線 Medienhafen Kesselstr.)で電車を降りて手前に向かって歩き、ラインタワーには登りませんでした。
左:ハマー通りHammer Str. 第16シーズンTVムービーの冒頭で、ゼミルとベンが話すシーンはこのあたり。
背後のビルが非常に個性的なので、一発で判明しちゃいます。
写真52-1-1
写真52-1-2
224話の中盤で登場するロケ地。中央正面はハイアット・リージェンシー他のツインビル。2棟のビルの間がどうなっているのか、今日やっと自分の目で確かめられます。
左手から中央に向かっての橋が架かっています。
写真52-1-3 写真52-1-4
左:正面の丸い建物は、第193話でロケ地だった水上警察署。
右:本来は人道橋みたいですが、第224話でコブラ11がベンツで渡る橋。第16シーズンTVムービーでもこの橋を渡ります。
写真52-1-5
橋を渡りながら視線を左に向けると、入り江の奥に第247話でロケ地だった船着場(フレジングのボートの係留地)があります。その右手のカラフルなビルなども見覚えが。
写真52-1-6
上:ツインビルの間に来ました。思いのほかシンプルな構成に拍子抜け。
224話の32分過ぎ、コブラ11がフリーゼを追って駆け上がる階段がツインビルの間にあります。実際に数えると31段。この段数なら私でもいけそうだったので、番組を真似て駆け上がりました。
コブラ11は、第16シーズンTVムービーでもこの階段を自転車で下ります。
左:階段を上がると、水盤がありました。これがベンがフリーゼを追いつめて池ポチャしちゃう場所かな。
写真52-1-7
写真52-1-8
水盤の先がデッキになっていて係留地が見えます。その先左手のクレーンや倉庫があるあたりも、ロケがたびたび行われているようです。
写真52-1-9
入り江の奥まで来ました。メディアハーバーの最新ビル群のすぐ裏手なのに、小船がたくさん係留されていて、日本のひなびた漁村と似た雰囲気。具体的な回を思い出せませんが、ここもロケ地で見たような気がするんだけど。
次はデュッセルドルフの中心部へ。
52-2 Hotel Inter Continental インターコンチネンタル・ホテル
写真52-2-1
写真中央の白い建物は、デュッセルドルフの中心部ケーニヒスアレーに立地する五つ星ホテル。
237話でゼミルの家族は最上階のスイートルームに泊まったようです。
ちなみに私がデュッセルドルフで泊まったホテルは、駅前の一般的なビジネスホテル。
左:ホテルの玄関。庇の鼻隠しにInter Continentalと書かれていて、[Inter]を隠すと番組と一致するみたい。
写真52-2-2
52-3 Schauspielhaus Düsseldorf デュッセルドルフ市立劇場
写真52-3
第11シーズンTVムービーの中盤。クリスが乗る赤いフェラーリを、ゼミルが借用したBMWで追いかけるシーン。ゼミルは、この市立劇場の前で池ポチャ。でもこうやってみると池は無いので、ゼミルのために用意された演出だったかな。
Wiki.deなどによれば、カゼルネン通りKasernenstraßeにあった旧市立劇場は、第二次世界大戦の空襲で完全に倒壊。1969年コンペで当選した地元の建築家ベンハルト・パオBernhard Pfauの設計により、グスタフ・グリュンドゲンス・プラッツGustaf-Gründgens-Platzに新市立劇場が完成したらしい。
グスタフ・グリュンドゲンスとは、デュッセルドルフ出身で20世紀のドイツを代表する俳優、監督及び芸術監督。
52-4 Düsseldorf Airport デュッセルドルフ国際空港
写真52-4-1
最近では第238話後半のアクションシーンでロケ地でした。今回の旅行では、この空港から日本へ帰国。
ドイツ語のWikiでは、ドイツ語のFlughafen Düsseldorf Internationalではなく、英語表記だったので、このページでも英語表記としました。ドイツでは、フランクフルト、ミュンヘンに次ぐ三番目に大きい空港らしい。
この丸い外壁が特徴的。
番組では、この空港もケルン/ボン空港もロケ地になります。
ただどちらの空港の天井も梁がパイプで組んであるため、建築が専門でありながら、ネットの情報だけではいまいち判別できずにいました。
やはり自分の目で確かめるしかない! 昨年は、飛行機に乗らないのにケルン/ボン空港に行き、今年はデュッセルドルフ国際空港を利用して、「違い」をしっかり見てきました。
これで恐らく大丈夫でしょう。
写真52-4-2
52-5 La Redoute ラ・レドゥーテ(結婚式場)
写真52-5
Kurfürstenallee 1, 53177 Bonn
ボンの中心部から南へ約8km。バート・ゴーデスベルクBad Godesbergという地区Stadtbezirkにある結婚式場。第13シーズンTVムービーの中盤で、 フレンツマンの彼女ニッキーが歌っていたバート・エーンハウゼン保養所とされたところです。
実際に行ってみて驚いたことに、隣には区役所もある町の中心地。車も人も多く行き交っています。それと建物の印象が異なります。もう一度番組を丹念に見ると、撮影したこの写真は表通り側ですが、番組は反対の中庭側で撮影されているようで、中庭の通路に車を乗り入れて、郊外の雰囲気を出していたみたい。
ここが結婚式場だと分かって番組を見ると、ニッキーが歌っていたホールは、療養所にしては豪華すぎる造りが納得できます。式場名のラ・レドューテは、舞踏会用大広間の意味で、語源のフランス語だとラルドゥート.。
52-6 Stadthalle Wuppertal ヴッパータール・シティホール
写真52-6
この写真を撮るためにヴッパータールへ行ってきました、と書きたいところですが、一番の目的は、懸垂式モノレールに乗ること。乗車した印象は、2015ドイツ旅行記(準備中)で。
この建物は、第256話で東欧のとある国の領事館でした。番組を見たときに、領事館にしては立派過ぎるなと思って調べてみたら、ヴッパータール中央駅にほど近いヴッパータールのシティホール。1900年に建てられたネオルネッサンスの堂々たる建物は、第二次世界大戦の戦禍を奇跡的にくぐり抜け、創建当時の姿を今に留めているようです。
52-7 St. Willibrord 聖ヴィリブロート
写真52-7-1
235話Landei(直訳:産直卵)は、ドイツらしい味付けたっぷりの演出だったので、お気に入りの回のひとつ。クライマックス、教会脇の広場でイベントが行われている場所へ行ってきました。
ケルンから南へ約60km、車で約1時間のところにあるバート・ミュンスターアイフェル。その中心部から更に西へ7kmほどのところにある集落ネーテンBad Münstereifel-Nöthenの中心部に建つ聖ヴィリブロート。
1913年に建てられたネオロマネスク様式の教会で、正面の三つ並んだアーチの小窓がロケ地判定の決め手でした。
左は上の写真の対面、教会前の広場です。
第235話のクライマックス。犯人が乗ったジープ・チェロキーが回転しながら、イベント会場をぐちゃぐちゃにするシーン。車は左手前方からこちらに向かって回転したようです。
写真52-7-2
52-8 Radioteleskop Effelsberg エフェルスベルク電波望遠鏡
写真52-8-1 左は学習センター
第13シーズンTVムービーの中盤、ど派手なアクションシーンがここで繰り広げられます。
バート・ミュンスターアイフェルから南東へ約12km。山の中にひっそりと佇む閑散とした場所かと思ったら、ビックリ仰天。一大観光地でした。ちょうど土曜日とあって、家族連れ、ライダーの一団など多くの観光客で賑わっています。
直径100mのパラボラアンテナは巨大。上の写真の左手の三角屋根の建物はプレゼンテーションルーム(学習センター)。
写真には写っていませんが、電波望遠鏡の左奥には、施設を運用する管理棟らしい建物群があります。
ロケ地は、航空写真でみると、プレゼンテーションルームから右手に降りて行ったところ。2015年撮影の航空写真では黒い塊が見えるので、恐らく太陽光パネルが敷き詰められているのではと思われます。
写真52-8-2,3
Nachwort あとがき
どっちの空港?
2年かけて、ケルン/ボン空港とデュッセルドルフ国際空港に行ってきました。
写真52-9-1 ケルン/ボン空港 2014年春 写真52-9-2 デュッセルドルフ国際空港 2015年春
外観、室内とも、ケルン/ボン空港は一般的な直線的な構成。一方、デュッセルドルフ国際空港は壁・屋根とも直線が無いのではと思えるほど、大胆に曲線で構成されています。
これで判別ができるハズなので、空港がロケ地になった回を幾つか見直すことにします。日本の視聴者にも分かっていただけるよう11~12シーズンを選んでみました。
169話邦題:生きるために。 冒頭クリスが妹を迎える空港は「ケルン/ボン」。ただし、丹念に番組を見ると妹の背後の案内板に一瞬「ケルン/ボン」とちゃんと映っていました(笑い)。
167話邦題:債務の代償。 空港のレンタカー・カウンターでコブラ11が尋ねる場所は「ケルン/ボン」。
そして第154話:復讐の銃弾。クライマックスのロケは、「デュッセルドルフ」だと判明していますが、コブラ11が敵の登場を待つ場所に、私も立ってみたいと空港内をウロウロ「捜索」しました。ただ番組制作時から時間が経って、施設の状況が変わっているようで、結果は第154話に掲載しました。
ところで、第154話を見直したら、な、なんと、前半でコブラ11が捜査に訪れるホテルは、ロケ地探訪第五弾その1>51-3 ラディソン・ブルー・ホテル・ケルンじゃないですか。なあ~んだ、こんなに以前からロケ地だったんですね。
バート・ミュンスターアイフェル・ネーテンはロケ地探訪の醍醐味
写真52-9-3
Stiftskirche St. Chrysanthus und Daria

ケルン市内のロケ地は、ストリートビューがあるので、日本を出発する前に場所を特定することができます。だから現地では地図を頼りに向かうだけ。
ところがバート・ミュンスターアイフェルは、ストリートビューがなく、しかもドイツ語の情報が中心なので、事前に場所を特定できず、現地でのなりゆきになりました。とりあえずバート・ミュンスターアイフェルへ行くことにしました。
ロケ地探訪当日、バート・ミュンスターアイフェルの宿にチェックインし、すぐさま市街地へ向かいます。中世都市の雰囲気が残るロマンチックな街並み。日本のガイドブックに載っていない、こんな素敵なところがあったとは。
昨年訪れたロケ探訪第四弾その1>42-1モンレアールもよかったけど、ここも素晴らしい。一般的な旅行記は2015ドイツ旅行(準備中)で。
町の中心部に右写真の教会がありました。でも第235話で映った教会とは同じロマネスク様式風だけど違うみたい。
それでホテルへ帰って、フロントでロケ地の件を尋ねたら、同じバート・ミュンスターアイフェル市内でも、それは隣の集落ネーテンだとの話し。もう一度ロケ地を紹介した地元新聞の記事(※、独語)をよく読むとネーテンと書いてあります。私のはやとちりだった。さらに夕食時にレストランのウェイターと話したら、ロケ地の事をよく知っていて盛り上がりました。
翌朝ホテルをチェックアウトして、判明したロケ地ネーテンへ向かい、集落の中心にある教会にたどり着けました。それが52-7 St. Willibrord 聖ヴィリブロートの写真。
ところで第235話のクライマックスでは、教会のシーンの前に住宅地の狭い道でカーチェイスがありました。教会のそばにいた住民に番組の画像を見せて尋ねましたが、この集落じゃないらしい。恐らくこの調子で「捜索」を続ければカーチェイスのロケ地も分かったと思いますが、ここで時間切れでした。次回以降の宿題とします。併せてドイツ語で尋ねて回る、恐らく5年前ならしなかったかも。5年続けてドイツへ行っているので、ドイツ語の会話も抵抗が減ってきたような・・・。2015.6.21掲載、6.24最終更新。
 
1.ロケ地探訪51ケルンへ戻る 3.ロケ地探訪53 車とアウトバーンへ



Seit 11.Feb.2003 Happiness裕之介