TOP
アウトライン
ニュース
番組ガイド
┗第338話
最新番組へ
番組一覧
出演者
舞台背景
インタビュー
Q&A
管理人
Links
IMDb
アウトバーンコップ
Back ひとつ前のエピソードへ戻ります Alarm für Cobra 11-Die Autobahnpolizei ひとつ先のエピソードへ進みます Next
第24シーズン 第338話 日本未公開
Außer Atem(直訳:息切れ)
コブラ11は特別機動部隊の闇に巻き込まれる。
Episodebeschreibung シナリオ
ゼミルとパウルは、特別機動部隊(SEK)と共に活動中、爆弾を積んだタンクローリーから、デモ隊を守るため、ほんの一瞬で判断を求められる。それは成功するものの、当事者以外が負傷した。
警察所長デルンホッフは、事故の責任を当事者に押し付ける。ゼミルとパウルが名誉回復のために戦っている間、特別機動部隊は別のアプローチを取っていた。
(www.rtl.deを参考にしました)2019.9.28掲載
Darsteller(Rolle) 出演者(役名)
ゲスト出演のみ紹介●ローマン・クニツカ(特別機動部隊レンナート・ゲッツ)、マルク・ベン・プッフ(同アッヒム・ライヒャート)、ピッコ・フォン・グローテ(警察署長ユリア・デルンホッフ)、ハンナ・ユルゲンス(ゲッツの妻コリーナ)、チャーリー・シュライン(ゲッツの息子エリアス)、トーマス・ポーン(ベーカー医師)
Eindruck 印象
インターネットでドイツ語版を見た印象
今回も高速道路のシーンは無く、カーアクションは小粒。欧州随一のジャーマンアクションで名を馳せる番組ですが、今話はシナリオ重視でドイツ国内向けみたい。
そんなシナリオをじっくり楽しみたくても、私の拙い語学力では、時間がかかります。ちょうどジグソーパズルのピースを埋めていくような作業。2・3回と繰り返し視聴するうちに、ピースが段々と埋まって、7~8割埋まれば、全体像がつかめ御の字。今話は、何かと忙しくて1週間の無料視聴期間に2回しか視聴する事ができませんでした。謎解きは面白そうだったので悔しい。
ロケ地探訪
時間をかけてじっくり「捜査」して、ロケ地を特定したい場所もありますが、時間切れなので、すぐに分かった場所だけ紹介します。
●Kommerz Hotel コメルツ・ホテル ●Johannisstr. ヨハニス通り
写真338-1 DR画像 2017年春撮影 写真338-2 DR画像 2017年春撮影
左:ケルン中央駅の東側にあるコメルツ・ホテルは、第244話、第291話などで紹介しました。今話では、犯人の二人組が歩いているところを、コブラ11が現認して、尾行します。犯人の背後に「Schänke Dezernat 90(居酒屋 第90課)」という看板が映ります(赤枠)。この居酒屋には行ったことが無いので、次回は是非。
右:ヨハニス通りは、たびたびロケ地で使われていて、直近では第310話で紹介しました。ケルン中央駅高架の下にありながら、人通りは少なく、車は近年行き止まりになりました。それでロケ向き。今話では、尾行するコブラ11が、白い養生シートで目隠しされた通りに進んで行きました。2019.9.29掲載。
ansehen 見る
RTLnowで見る ドイツ版DVD 日本版DVD
 
番組ガイドへ戻ります ひとつ前のエピソードへ戻ります ひとつ先のエピソードへ進みます
番組ガイドへ もどる 次へ



Seit 11.Feb.2003 Happiness裕之介