TOP
アウトライン
ニュース
番組ガイド
┗第282話
最新番組へ
番組一覧
出演者
舞台背景
インタビュー
Q&A
管理人
Links
IMDb
アウトバーンコップ
Back ひとつ前のエピソードへ戻ります Alarm für Cobra 11-Die Autobahnpolizei ひとつ先のエピソードへ進みます Next
第21シーズン 第282話 日本未公開
Die Chefin (直訳:隊長)
高速警察隊先代隊長エンゲルハートが恐れる「戦争」とは。
Episodebeschreibung シナリオ

ゼミルは、アンナ・エンゲルハートの誕生日を祝うため内務省を訪ねるが、先代隊長は不在だった。彼女は、神経衰弱を煩い、数日前に精神病院に入院させられていたのだ。
エンゲルハートが、高速警察隊の隊長だった頃ストレスには慣れっこだった事を知るゼミルは納得できない。彼は本能的に、何かが間違っていると感じる。そこでエンゲルハート救出作戦を、相棒のパウルと共に密かに実行。しかし彼らは、陰謀を企む武装した組織に狙われている。(www.rtl.deを参考にしました)2016.9.18掲載。

Darsteller 出演
シャルロット・シュヴァーブ(アンナ・エンゲルハート先代高速警察隊隊長)、カリーナ・ヴィーゼ(ゼミルの妻アンドレア)、カロリーネ・ベア(エンゲルハートの秘書クララ・シュスター)、ローベルト・ガリオンスキー(エンゲルハートの代務ウルリヒ・カストルップ)
Eindruck 印象
インターネットでドイツ語版を見た印象
ザ・隊長
高速警察隊隊長を第15話(1997.10.14)から第178話(2008.10.16)まで11年間務めたエンゲルハートが今回のメインゲスト。タイトルの「Die Chefin」は英語なら「the chief」。この番組の「ザ・隊長」は私よ!という重みがあります。
エンディングは、先代隊長を祝うシーン。同様のシーンは1997年11月18日放送の第19話でもありました。このときは42才と言っていたので、1955年生まれの設定。
今話で、先代隊長のカルテの誕生日は「1959年2月7日」とありました。でも今話の放送日は2016年9月1日。ロケは菜の花畑が写るので4月~5月。時系列的に一貫性がなく混乱します。ともあれ第178話で高速警察隊を離れるときは、病気でも患っているのかと思えるほどお疲れの様子だったので、今話で元気な姿が見られてよかった。実際は1952年生まれの64才だけど、エネルギッシュな先代隊長でした。
ところで上のシナリオや番組でも「Ex-Chefin」となっていて、直訳すると「元隊長」ですが、より明確にするために「先代隊長」としました。ゼミルはズバリ「Chefin」とも言っていて、まさに「ザ・隊長」
本筋の事件
●いきなり病院へ侵入するコブラ11。
●タイトルロールの後、病院へ侵入する4時間前、コブラ11は内務省に先代隊長を誕生日のお祝いで訪ねるも不在。秘書と代理だというカストルップが対応します。
字幕にはInnenministerium Abteilung bedrohungs- und sicherheitsanalyse(内務省 危険と安全性分析部門)と出ます。危機管理対策部署でしょうか。
パウルが初登場した第21シーズンTVムービーで、パウルは、エンゲルハートの働きかけで高速警察隊へ配属されたことが分かります。だからパウルがゼミルに同行しても不思議ではないですね。
●素っ気ない対応に、コブラ11は隊に帰って調べます。先代隊長は州立病院に収容されているらしい。
ゼミルは病院に電話しようとしますが、パウルは元同僚に病院の医師がいるらしい(聞き取りに自信が無いので間違ってらゴメンナサイ)。その関係でハルトムートが先代隊長のカルテを引き出します。
ジェニーの化粧が以前より大人びた落ち着いた感じがしたんですが・・・。
●コブラ11は、救出した隊長を、ゼミルの住まいに連れ帰ります。
パウルが着ていた服には「Sanitäter」と書いてあったので、救急隊員の経験があるのかな。
●目覚めて正気に戻った先代隊長が説明。誰かが密かに自分の部屋へ侵入して、秘密情報を得ようとした。内務省長官に報告して、裏切り者を探そうとしますが、その過程で体調を崩したらしい。
この先は、誰が味方で、誰が敵なのか、番組終了までチャンスと危機が入り乱れて、通常番組なのによくできていて、昔からのファンにも満足な楽しい回でした。
アクションシーン
写真282-1 警察車両

これも盛りだくさん。ゼミルが運転するローバーが路面電車を避けるシーンは一瞬。それでも一つ一つのシーンが丁寧に作られている印象です。
警察車両のカラーは、青銀に加えて蛍光色の黄色も加わっています。右は2016年4月にライプツィヒで撮影。調べたところ、高速道路での認識性をあげる処置で、三角表示板を表しているとのこと。
ロケ地探訪
●St.Antonius Krankenhaus 聖アントニウス病院
冒頭、ゼミルが患者に化けて侵入する「州立病院」とされたロケ地。番組では、レンガの外壁の伝統的な建物。背後には教会の塔が見える空撮。
場所は、ケルンの旧市街から少し南へ行った所にある聖アントニウス病院。過去にもロケ地になり、2013年春にロケ地探訪しました。ロケ地探訪第三弾その3>32-12 聖アントニウス病院
写真282-2 聖アントニウス病院 写真282-3 聖マティアス教会
左写真は東面です。今話では南西側からの空撮でした。
右写真は病院のそばにあり、空撮で写った聖マティアス教会St.Matthias。
●Volkshochschule Leverkusen レバークーゼン・カルチャースクール
エンゲルハートが現在勤めている内務省のロケ地。レバークーゼンはケルンから北東へ約20km。
観光で訪れるような都市ではありませんが、ブンデスリーガのサッカーチームがあるので、日本でも馴染みのある都市でしょう。ロケ地探訪の候補。
●Radisson Blu Hotel Köln ラディソン・ブルー・ホテル・ケルン
クライマックス、ロシアとウクライナの特使が調印する会場。
ここもたびたびロケ地になっいて、ロケ地探訪第五弾>51-3 ラディソン・ブルー・ホテル・ケルン
2016.9.18掲載
ansehen 見る
RTLnowで見る ドイツ版DVD 日本版DVD
 
番組ガイドへ戻ります ひとつ前のエピソードへ戻ります ひとつ先のエピソードへ進みます
番組ガイドへ もどる 次へ



Seit 11.Feb.2003 Happiness裕之介