TOP
アウトライン
ニュース
番組ガイド
┗第299話
最新番組へ
番組一覧
出演者
舞台背景
インタビュー
Q&A
管理人
Links
IMDb
アウトバーンコップ
Back ひとつ前のエピソードへ戻ります Alarm für Cobra 11-Die Autobahnpolizei ひとつ先のエピソードへ進みます Next
第22シーズン 第299話 日本未公開
Das B-Team(直訳:Bチーム)
ジェニーをリーダーとするBチームが、誘拐されたゼミルとパウルの救出に挑む。
Episodebeschreibung シナリオ
今回は、正真正銘のスリル満点だ。ゼミルとパウルの平凡な通常勤務は、劇的な誘拐で突然終わる。コブラ11が人質になったのだ。クリューガー隊長は休暇なので、ジェニーが高速警察隊の指揮を引き継がざるをえない。
事態は、チームに大きな難題として降りかかる。そして、二人のヒーローを探す必死の捜査がスタート。ゼミルとパウルの生死に関わる事態に、ジェニーは押しつぶされそうだ。ジェニーとパウルが最近接近しているという事実は、事件を複雑にする。
最初の救出作戦は失敗。事態を嗅ぎつけたシュランクマン検事が、即座にジェニーを休暇にし、自ら陣頭指揮をとる。ゼミルとパウルを救出する希望は、遠のいたようにみえる。
しかし、ジェニーをリーダーとするBチームがオフサイドに甘んじるはずがない。パウルとゼミルを助け出すために全力を尽くす…。
(www.rtl.deを参考にしました)2017.6.4掲載
Darsteller 出演
ゲスト出演のみ紹介●ホルガー・ハントケ(ドリアン・クレフ)、ビルテ・グラング(リカ・ツェラー)、ジェリー・クワーテング(ニコラウス・ザーティゾン)
Eindruck 印象
インターネットでドイツ語版を見た印象
脇役中心のストーリー
前話で自分の語学力のなさに打ちのめされ意気消沈しただけに、今話は分かりやすく私の語学力に合っていて嬉しかった。
シナリオは職人芸で素晴らしい。コブラ11を雲隠れさせて視聴者を画面に釘付けにしつつ、ジェニーが指揮するちょっと頼りないBチームに対し、視聴者も不安が募ります。でも年長の秘書スザンネのアドバイスがチームをまとめ、普段は外に出ない秘書スザンネや科学捜査官ハルトムートまで出動させて、ジェニーとフィンの若手チームをサポートし、難局を乗り切ります。
この番組のタイトルは「Alarm für Cobra 11(直訳:コブラ11へ緊急指令)」だから、コブラ11のコンビが全面に出るのも当然だけど、汗臭い男達のドラマが続くと飽きちゃうので(笑い)、2003年~05年に主役の二人だけをスザンナとフランクに交代したスピンオフ版(番組ガイド>第二チーム参照)ほど徹底しなくてよいので、今話のような脇役中心のストーリーも時々流して欲しいな。
シナリオの補足~情報は敵に漏れている
●冒頭ポルシェのパトカーから降りたジェニーが、パウルに電話します。よく聞き取れないけど、朝からパウルがメールか電話したらしく、それがジェニーにはうざいらしい。
一方ゼミルは、警官になるための職業訓練の件で、娘ダナと朝から喧嘩したらしい。コブラ11がそんな日常のたわいもない会話をしていると、誘拐を目撃。激しいカーチェイスと銃撃開始。
●フィンのあまりに荒っぽい運転に、ジェニーがポルシェのパトカーのハンドルを握って走っていると、事件発生で、スザンネが二人に「コブラ20」と呼びかけます。ジェニーは第271話で「コブラ7」のタグがついたBMW1シリーズに乗るので、「ポルシェ+フィン」の組み合わせで「コブラ20」かな。
●隊舎で、意気消沈したダナをジェニーが慰めます。ダナが「(パウルを)本当は好きなんでしょう。」と尋ねると、ジェニーは「そうよ。」
●そこへ科学捜査官ハルトムートから連絡が入り、誘拐に使われた車の持ち主が分かり、ジェニーとフィンは、ザンドン運送会社へ。受付には、なんと冒頭で誘拐されていた女性がいた。
●翌朝、悪玉が実行犯ザーティゾンに「警察の協力者によれば、警察は誘拐犯の車を探している・・・」
●これでつじつまがあいました。冒頭、犯人は、コブラ11の位置情報を知っていて、コブラ11をおびき寄せるために誘拐事件を演出した。次なる謎は、コブラ11がなぜ誘拐されたか。
●フィンがゲットしたナビの情報を頼りに、ジェニーとフィンは犯人のアジトに乗り込む。ジェニーはコブラ11を救出できず。一方フィンは実行犯ザーティゾンを確保。
●隊舎に戻ったジェニーとフィン。ジェニーは隊長抜きで四苦八苦しているところに、フィンから「俺が、ナビを見つけて、実行犯を捕まえたので、悔しいか。」と言われ、フィンを平手打ち。
●コブラ11を救出できなかったのは自分の責任と、意気消沈したジェニーを、スザンネが自分の経験を語りながら、「あなたは素晴らしい警官よ。Bチームが支えるわ。頑張りましょう。」
●スザンネ:犯人らは過去に警官を射殺した。その目撃者(証人)であるクリューガー隊長を消したい。
ダナ:でもパパとパウルとどう関係があるの。
ジェニー:恐らくクリューガー隊長がどこにいるか聞きだそうとしたのでは。

ここまで半分。聞き取りに自信がありません。間違っていたらゴメンナイ。
ロケ地探訪~管理人の独り言
今回は、どこだとはっきり分かるロケ地はありませんでした。今回の夜景はいつもと構図が違ったので取り上げます。全く管理人の独り言です。読み飛ばしてください。
写真299-1 TV画面より
画像はジェニーとフィンのコンビが運送会社へ捜査へ向かう前に一瞬写ります。恐らく、ライン川沿いにあるクレーン・ハウス(ロケ地探訪第三弾その2>32-13 クレーンハウスとゼヴェリン橋)付近。南から北へ向かっての空撮。直ぐ右はライン川です。
写真229-2 ミュージカルドーム 2016年撮影 写真229-3 ホルツマルクト 2013年撮影
遠方にはケルンの代表的なランドマーク、左からテレビ塔、ケルンタワー、大聖堂、ミュージカルドーム(左写真)が並んでいます。手前の通りはホルツマルクトHolzmarkt(右写真、北から南に向かって撮影。左はライン川。その右にあるチョコレート博物館は街路樹に隠れています)。
赤丸のガソリンスタンドは、2011年にドイツで初めてレンタカーを借りたときに、返却前に給油したスタンドなので、よく覚えています。
右の黄色丸は、チョコレート博物館のエントランスにある鉄橋(ロケ地探訪2>2-4 チョコレート博物館)。よく知る場所なので懐かしい。2017.6.10掲載
ansehen 見る
RTLnowで見る ドイツ版DVD 日本版DVD
 
番組ガイドへ戻ります ひとつ前のエピソードへ戻ります ひとつ先のエピソードへ進みます
番組ガイドへ もどる 次へ



Seit 11.Feb.2003 Happiness裕之介