TOP
アウトライン
ニュース
番組ガイド
┗第300話
最新番組へ
番組一覧
出演者
舞台背景
インタビュー
Q&A
管理人
Links
IMDb
アウトバーンコップ
Back ひとつ前のエピソードへ戻ります Alarm für Cobra 11-Die Autobahnpolizei ひとつ先のエピソードへ進みます Next
第22シーズン 第300話 日本未公開
Geister der Vergangenheit(直訳:過去の亡霊)
パウルが骨折し、ゼミルが一人で過去に秘められた謎を追う。
Episodebeschreibung シナリオ
ゼミルとパウルは、ガソリンスタンド強盗のマイクとレナを追う。強盗は、なんの罪も無い男が乗る車を高速道路で追いかけ、走行車線から押し出そうとした。しかしコブラ11のお陰で、男アルノ・ヴォリッツァーは命拾い。一方、救出の際パウルが重傷を負ったため、それ以降ゼミルは単独での捜査を強いられる。
そしてシュランクマン検事の同僚で、ガソリンスタンド連続強盗事件の専任検事ゾフィー・シューベルトが高速警察隊に乗り込む。ゼミルはフィンの助けを借りて、マイクとレナを見つけ出した。しかし二人は単なる犯罪者ではなく、被害者でもあった。(www.rtl.deを参考にしました)2017.6.13掲載
Darsteller 出演
ゲスト出演のみ紹介●ユリア・ディーツェ(レナ・シュタルケ)、ユリアン・シュミーダー(マイク・ヴルフ)、カトリン・ベーリング(ゾフィー・シューベルト検事)、ゴットハート・ランゲ(アルノ・ヴォリッツァー)、グイド・ラムブレヒト(ロルフ・フォスマン)、ユリウス・フェルドマイアー(ベニー・ゼーエンゼン)
Eindruck 印象
インターネットでドイツ語版を見た印象
1.本筋の事件
●Kapitel 2の冒頭で、ゼミルが精神病院に入院しているベニーを訪ね、強盗の二人との関係を尋ねると、ベニーは「養護施設で3年間一緒だった。」と答えます。
●番組が進行しながら気になるのは、高速警察隊にやって来たゾフィー・シューベルト検事の役割。冒頭で、検事が「主に高速道路のガソリンスタンド、夜間に3ヶ月で12事件起きている。」と言っていますが、事件だけで来たとは、この番組の視聴者ならまず考えないので、今話の謎解きのひとつ。
●Kapital 3の冒頭でスザンネが、養護施設をバックに写る子ども達の写真を見ています。「いつも四人。」 そして一人の美しい女の子が大写しに。「この子は誰?」
●クライマックス、一件落着;
シューベルト検事:私たちの悪魔を退治してくれたわ。
ゼミル:ただ、あなたの責任は免れない。
シューベルト検事:それはどうでもいいの。私たちはやっと自由になれたのよ。
今話を象徴する重い言葉なので敢えて書かせて頂きました。フラッシュバックもあって表面的な流れは分かりやすいものの、今回は社会的なテーマなので、更に踏み込んで各人の心に秘められたディテールをも理解したいけど、語学力が追いつかず悔しい。
その点、少しでも理解したいと何度も番組に食らいつきました。繰り返して見ても飽きない、正真正銘この番組は、私にとって最高の語学教材です。
2.コブラの日常
こちらはほとんど言葉だけ。三日後にゼミルの結婚式が控えていて、結婚立会人を頼んでいるパウルが冒頭で骨折すると、いつにも増してゼミルは心配そう。病院のベッドに、横たわるパウルに、「血栓症Trombozeで最悪死ぬぞ。」と脅かすゼミルでした。シーズンの最終話でコブラ11が勤務を続けられない怪我をするのは定番。次シーズンでは、元気な姿を見せてくれることでしょう。
クライマックス、パウルの自宅を結婚立会人の打ち合わせでダナが訪れます。意識もうろうとしているパウルは、夕食に誘ったジェニーだと勘違いしたようで・・・。次シーズンではすったもんだがありそうな予感。
3.ロケ地探訪
●HEM ガソリンスタンド Borsigstraße 22, 51381 Leverkusen
冒頭のガソリンスタンドは、緑のテーマカラーとドーム型の屋根が決め手。golocal(※、独語)にこのガソリンスタンドの画像があります。次回のロケ地探訪では、ここで給油しようかな。注1
●地下鉄駅ホイマルクト Heumarkt[U]
前半、強盗の二人が、壁がガラスブロックになっている通路を歩くシーンのロケ地は、第20シーズンTVムービーに画像を掲載しています。
二人がキスをしながらエスカレーターで下るシーンと一致する画像をロケ地探訪第五弾その1>51-4 地下鉄駅ホイマルクトに掲載しています。
新設駅なので発着本数はまだ少なく、近未来的なデザインで画面写りもよいからか、これまでもたびたびロケ地でした。
●聖アントニウス病院 St.Antonius Krankenhaus
写真300-1
中盤、強盗の二人が、精神病院にいる仲間のベニーを訪ねます。ロケ地は聖アントニウス病院。
この病院はロケ地探訪第三弾その3>32-12 聖アントニウス病院で訪れましたが、撮影画像は病院の南西側。今話では北東側が映っていました。Wiki.de(※、独語)に、TV画面とほぼ同じ画像があったので借用します。
kapitel 1の最後、強盗の二人とベニーが話す礼拝堂は、調べると建物の中にあるもよう。歴史を感じる趣のある建物なので再訪してじっくり見学してみたい。注2
4.タイトル「Geister der Vergangenheit」について
ポルターガイストPoltergeistとか、ガイスターGeisterというボードゲームがあったり、はたまた逆走車をガイスターファーラーGeisterfahrerと言ったり、このGeisterは独語らしい単語。まず幽霊(英:ghosts)という訳が思いつきますが、辞書を引くと多くの意味があり、
Die kleinen Geister 子供たち
Sie sind verwandte Geister. 彼は似たような精神の持ち主だ。
Er bekam Geister. 彼は元気が出てきた。
Geister des Waldes 森の
これらからすると、タイトルのGeisterの一義的な意味は養護施設に勤めていた大人達だろうけど、四人の子供たちでもあります。だからタイトルを「過去の亡霊」と訳すには違和感がありますが、悩んだ挙げ句、最初に浮かんだ一般的な訳をあてました。
2017.6.17掲載
注1:2018年春、HEMガソリンスタンドへ行って、給油しました。ロケ地探訪第八弾その1>81-1 HEMガソリンスタンド
注2:同じく聖アントニウス病院へ行き撮影したので、写真300-1の画像を、Wikiの借用から自前の画像に差し替えました。ロケ地探訪第八弾その2>82-15 聖アントニウス病院。2018.6.17追記、7.1最終更新
ansehen 見る
RTLnowで見る ドイツ版DVD 日本版DVD
 
番組ガイドへ戻ります ひとつ前のエピソードへ戻ります ひとつ先のエピソードへ進みます
番組ガイドへ もどる 次へ



Seit 11.Feb.2003 Happiness裕之介