TOP
アウトライン
ニュース
番組ガイド
┗第342話
最新番組へ
番組一覧
出演者
舞台背景
インタビュー
Q&A
管理人
Links
IMDb
アウトバーンコップ
Back ひとつ前のエピソードへ戻ります Alarm für Cobra 11-Die Autobahnpolizei ひとつ先のエピソードへ進みます Next
第24シーズン 第342話 日本未公開
Auf Bewährung(直訳:保護観察中)
主役は秘書スザンネと息子。元彼のしわざと思われた事件は、思わぬ方向へ。
Episodebeschreibung シナリオ
高速警察隊秘書スザンネ・ケーニッヒの息子フリードリヒとベビーシッターが何者かに攻撃される。コブラ11が捜査を進めると、スザンネの元彼で、保護観察中のトミー・ゲルンハルトが容疑者として浮かぶ。
そしてスザンネにとって、次々と事件が起こり、重大な決断を迫られる。
(www.rtl.deを参考にしました)2019.10.20掲載
Darsteller(Rolle) 出演者(役名)
ゲスト出演のみ紹介●バーバラ・プラコペンカ(ベビーシッター、ヤナ・ブルバッハ)、ベン・ブラウン(スザンネの元彼トミー・ゲルンハルト)、ダニエル・ロディック(マイク・ケスラー)、アリアン・ヴェーゲナー(スザンネの息子フリードリヒ)、イェルク・ピンチュ(イェンス・レデカー)
Eindruck 印象
インターネットでドイツ語版を見た印象
スザンネの元彼トミー・ゲルンハルトとのなれそめは、今話でもこれまでの経緯が話されていますが、もともと第263話(第20シーズン、2015.4.2放送)の内容です。
そして翌年2016.4.7放送の第21シーズンTVムービーで、身ごもっているスザンネのことを、科学捜査官ハルトムートが着任したばかりのパウルに、「子の父は刑務所にいる。」と説明。
前週の第341話は、若者言葉に聞き取りが及ばず苦労しましたが、今話は、教科書的に話してくれるので、私の拙い語学力でも分かりやすい回でした。2回目の視聴で、父が息子を思う気持ちに感情移入してしまうし、スザンネのシングルマザーの大変さが伝わってきて、ウルウルになりました。
妊娠~出産~今話の成長した息子まで、時系列的に少々無理を感じますが、劇画なので、ここは純粋に楽しみます。
シナリオの補足
●冒頭、隊舎でブリーフィングの後、ゼミルがパウルに遅れて来た理由を問います。
母は妹が運転する車で事故に会い、回復まで時間がかかる。認知症の父は、介護が必要なので、自動車修理工場は売却するらしい。
そこへスザンネも出勤。彼女も遅刻してブリーフィングに間に合わなかった。
(中略)
●冒頭のアクションシーンの後、隊長室で。
今日は、日曜日の休日出勤らしく、隊の雰囲気は殺気立つ。
スザンネ・隊長の話を総合:証拠は無いけれど、と前置きしたうえで、誘拐犯は、3ヶ月前に模範囚として仮放免された(注、今話のドイツ語参照)元彼で、元消防士のトミー・ゲルンハルトでは。
●それで、コブラ11はトミーの住まいへ。男の一人住まいに、男の子の部屋が用意してあった。
パウルを打ちのめそうとするトミーを、ゼミルが制止。その言葉に手を止めるトミー。
「玄関戸を閉めておけ。」とのパウルの言葉に、トミーは「ゴミを出しに、ちょっと出掛けただけだ。」
>そうか、第263話でゼミルの相棒は、7代目アレックスだから、トミーにとって初対面のパウルは、不審者に見えたらしい。
●隊舎の聴取室で。コブラ11は、トミーを誘拐犯として疑ってかかるも、トミーは否定。そこへダナが、トミーのノートPCから取り出した母・息子の盗撮した写真を提示。
●それでも嫌疑不十分で、トミーは解放。スザンネは、コブラ11に、一人で子育てした辛さを吐露。
トミーは幸せな家庭を築きたいが、スザンネはトミーを許せない。
●帰ろうとするトミーの足元に、ボールが転がってくる。トミーは、息子本人と母を恐竜にたとえて描かれた絵について、息子フリードリヒに問います。「お父さんはどこ。」 
息子「死んじゃった。」
●スザンネのスマホが鳴り、犯人から「事故車にあるスマホを持ってこい。さもなくば、ベビーシッター、ヤナの命はないぞ。」
●いよいよ事件は核心へ。既に番組中盤なので、ここで終了しますが、一つだけ。Kapitel3の1分半頃、ヤナがスザンネに説明。TV画面はその合間に、コブラ11が昨晩の監視カメラの録画を見て分析するシーン。
違法なポーカーゲームは、現金ではなく、スマホのウォレット決済。ヤナが彼氏のマイク・ケスラーから頼まれて盗んだスマホには250万ユーロ(約3億円)が入っているらしい。マイクには大金を必要とする重大な危機が迫っていた・・・
ロケ地探訪
Feuer- und Rettungswache 5 und Branddirektion 第5消防署及び消防本部
写真342-1 TV画面(C)RTL
Scheibenstr. 13 50737 Köln
Kapitel2の6分半。スザンネがスマホの受け渡しに競馬場へ向かいます。左のTV画面のロケ場所は競馬場の近く。TV画面中央の道路標識(←Nippes、Longerich→他)と、左の水色枠「Matratzen concord(文字は一部書き換えてありました)」の看板が決め手。Googleストリートビューで見ると、右端の赤枠の建物は消防の分署と消防本部らしい。いずれ実際に訪れて確認してみたい。
つまり元彼トミーは、元消防士だったので、この場所を選んだかな。
Kölner Renn-Verein ケルン競馬場 Rennbahnstraße 152, 50737 Köln
第225話他でもロケ地でしたが、まだ訪れていません。競馬には興味が無いけど、一度訪れてみたい。
Evangelische freie Gemeinde - Kölner Stadtmission プロテスタント自由教会-ケルン市民のための布教活動
写真342-2 TV画面(C)RTL
Berrenrather Straße 354, 50937 Köln
マイク・ケスラーが三菱のピックアップトラックを走らせるシーン。TV画面のバスの後ろに見える看板文字を頼りに探したら、次に紹介するADAC本部から南西へ1.3kmほどにある教会。車が走っている通りはManderscheider Str.マンダーシャイダー通り。
グーグル・ストリートビューで見ると、同じようにバス停にバスが駐まっています。
ロケ地探訪をしていると、同じ場所で数本分をまとめて撮影したり、同じ地区で集中的に撮影したり、が読めます。一方タイアップか何かか、ピンポイントのロケ地も。ここもそのような意図を感じます。プロテスタント自由教会のHP(※、独語)に、「教会税ではなく、任意の会費と寄付で賄われている。」とあり、応援する意図かな。一度訪れてみたい。
Sitz des ADAC Nordrhein e.V. ドイツ自動車連盟ノルトライン本部
写真342-3 2018年春撮影 DR画像
Luxemburger Str. 169, 50939 Köln
クライマックス、ビルの谷間のロケ地。TV画面に一瞬映る「Prüfzentrum ADAC(文字はCがOに書き換えてありました)」の看板が決め手。ここはケルン中央駅から南西へ約3kmのSülz地区。
あいにくこの付近を「探訪」したことはありませんが、たまたますぐそばを通った時のドライブレコーダー(DR)の画像がありました。画面右手に「ADAC」の黄色い看板があり、ロケ場所はこの右手に入ったところ。左はWeißhausstr.白い家通り電停。公共交通機関で訪れることができるので、いずれ散策してみたい。
今話のドイツ語
guter Führung 態度良好
独和大辞典に「Straferlaß bei guter Führung 態度良好ゆえの刑の免除」という用例があります。
Friedrich フリードリヒ
スザンネの息子の名前。番組で連呼されるので、気になって調べてみました。
Wiki(日本語)によれば、「古高ドイツ語の"frid"(平和)と"rîhhi"(権力、君主)に由来し、現代ドイツ語ではfrieden やReich に対応する。」とあります。
息子フリードリヒがおらず、スザンネと元彼トミーの関係だけなら番組のオチにはならないだろうし、まさにfrieden(平和)・Reich(国)の主が息子フリードリヒでしょう。考え過ぎかもしれませんが、脚本家が、役名にこだわることもあるだろうなと思えます。2019.10.23掲載、10.27最終更新。
ansehen 見る
RTLnowで見る ドイツ版DVD 日本版DVD
 
番組ガイドへ戻ります ひとつ前のエピソードへ戻ります ひとつ先のエピソードへ進みます
番組ガイドへ もどる 次へ



Seit 11.Feb.2003 Happiness裕之介