TOP
アウトライン
ニュース
番組ガイド
┗第225話
最新番組へ
番組一覧
出演者
舞台背景
インタビュー
Q&A
管理人
Links
IMDb
アウトバーンコップ
Back ひとつ前のエピソードへ戻ります Alarm für Cobra 11-Die Autobahnpolizei ひとつ先のエピソードへ進みます Next
第17シーズン 第225話 日本未公開
Die Gejagten(直訳:逃亡者)
コブラ11は警察の追跡をかわし、悪党の復讐によってなすりつけられた無実の罪を晴らせるか。
コブラ11はスーパーマリオ・ブラザーズ?
Episodebeschreibung シナリオ
悪名高い麻薬密売人ヘクトール・プロイスは、コブラ11に怨みを持っている。彼の弟は、コブラ11に逮捕された後刑務所で死んだのだ。プロイスは、卑劣な計画を練っていた。コブラ11にコカインをつかませようというのだ。長い間コブラ11と対立しているボーム警部を使うチャンスだ。コブラ11を腐敗したデカに仕立て上げ、警部を使って刑務所送りにした。
コブラ11は刑務所でプロイスの手下だったピート・リヒターに出会う。ピートは、妊娠している彼女に対する愛情からまともな人間になって刑期を全うしたい。しかしコブラ11に仕組まれ望みはうち砕かれる。コブラ11はピートの助けを借りてプロイスを探し出したいのだ。そしてピートを連れて脱獄する。間もなく三人の脱獄囚はプロイスとその組織だけでなく警察からも激しく追われることとなった。
(www.rtl.deを参考にしました)2012.3.18掲載、4.7最終更新
Darsteller 出演
ゲスト出演のみ紹介●ヨレス・リッセ(ピート・リヒター)、ディルク・ボルチャート(ヘクトール・プロイス)、アンドレ・ローナー(ボーム警部)、カリーナ・ヴィーゼ(アンドレア・ゲーカーン)
Eindruck 印象
濃密な45分
というか、少々走り過ぎではと思えるほど番組は凄まじい早さで展開。コブラ11対悪の組織という構図だけでなく、警察、ゼミルの家族、ピートと彼女ヴァレリーのドラマが展開するので忙しい。ただ登場人物が多い割にはそれぞれの役柄がはっきりしているのでわかりやすい。ビートは脱獄後彼女を訪ねます。彼女は「この子に父親はいない」とつれない様子。
1時間半のTVドラマ仕立て(又は45分×2本の前編、後編)でもっと人間ドラマの中身を濃くしてもよかったのではとも思いますが、それだと中だるみしちゃうかな。それより45分に濃縮した方がこの番組らしくていいんでしょう。
34分過ぎ、コブラ11らがプロイスのアジトに踏み込んだあたりから、銃撃戦、カーチェイス、ベンのボディ・アクションなどアクションシーンの連続。この番組の醍醐味が十分楽しめます。ジェニーもボンラートも格好良かったけど、あんなに格好いいハルトムートは初めて。
ちなみにコブラ11が刑務所送りになるのは確か2回目。最初は第6シーズンTVムービー(邦題:ワイルドランナー 悪魔の罠、トムとゼミルのコンビ)でした。
久しぶりにシュランクマン検事が出ました。それとボーム警部は第175話(第13シーズン、ベンとゼミルのコンビ、直訳:目立たない人物)以来2度目。同じ俳優さんが同じ役で2回目の出演とは珍しい。検事も警部も業務に忠実なだけなんだけど、コブラ11にとって目障りな存在。番組最後にボーム警部が発した言葉から、再登場がありそう。
ゲスト出演
ヨレス・リッセ Jorres Risse
ピート・リヒターを演じる俳優さんは、体育会系のごついお兄ちゃんだなと思ったら、GSG-9 対テロ特殊部隊のフランク・ヴェルニッツ役(WOWOWO ONLINEのサイト※)なので、ご存じの方も多いことでしょう。せっかくのゲストなのでもっと前面に出た演出があってもよかったのではと思いましたが、運転手という役柄なので、GSG-9の特殊部隊員みたいにはいかないようで。
ちなみにGSG-9は何本か見ましたが、私にとっては固過ぎて積極的に見ていません。
ディルク・ボルチャート Dirk Borchardt
悪玉ヘクトール・プロイス役。第109話(第7シーズン、ヤンとゼミルのコンビ、邦題:潜入捜査)、第172話(第12シーズン、クリスとゼミルのコンビ、邦題:最後の潜入捜査)以来3回目。いつ見ても素晴らしい悪役ぶり(笑い)。
アンドレ・ローナー Andre Röhner
ボーム警部演じるアンドレ・ローナーAndre Röhnerは第175話の他に、第111話(第7シーズン、ヤンとゼミルのコンビ、邦題:狙われた証人)でイタリア系のどら息子役で出演していました。
ロケ地探訪
高速4号線橋 A4 Autobahnbrücke
冒頭、コブラ11はベンのベンツで橋に向かって高速道路を走っています。場所はケルンの南、高速4号線のライン川にかかる橋(Googleストリートビューで確認)。
ケルン競馬場 Galopp-Rennbahn

さすがに100万都市だけあって、いろいろな施設がありますね。http://www.koeln-galopp.de/?home(※、独語)
コブラ11は、スーパーマリオに続いて騎手のコスチューム。あれで容疑者を追い掛けるんですから愉快。
ちなみに騎手は独語でJockey(又はJockei)。英語と同じつづりながら、独語読みは本来なら「ヨッカイ」になるはずですが、「ジョッキー」と発音するみたい。競馬には興味がないのでこのあたりでご勘弁を。
クレーンハウス Kranhaus
30分50秒ごろ、ボーム警部が運転手に「ゲーカーンの家へ急げ」と言う直前、シーンはライン川をはさんで後方に逆L型の巨大な3棟の建物が写ります。Wiki.de(※、独語)によれば、形が変わっているだけで純粋に事務所ビル2棟と共同住宅1棟らしい。番組をよく観察していると、6分過ぎや30分過ぎ、大聖堂の空撮映像の左手前にこの建物が写り、意外と中心部にあることがわかります。場所はチョコレート博物館の直ぐ南。ロケ地探訪2>2-4 チョコレート博物館で紹介した写真2-4-1全景に共同住宅棟の北側外壁が写っているでありませんか。ノーチェックでした。右写真は、その写真2-4-1をトリミング。
ケルン・メッセ Köln Messe
クライマックス、ビルの屋上でいよいよ大一番。ここはわかりやすかった。遠方に大聖堂・聖マルチン教会などが見えます。ということは、ライン川を挟んで対岸にあり、屋上駐車場を持つ巨大なビル。航空写真で画像を見ると、ケルン・メッセの屋上が駐車場で、ベンとファーバーがぶち破った天窓もあるためここで間違いないと思います。
自前で撮影したケルン・メッセの写真はあるにはありますが、見栄えがよく無いので次回行ったときに撮影してきます。屋上まで上って撮ってこないといけないかな(笑い)。2012.4.12掲載。
ansehen 見る
RTLnowで見る ドイツ版DVD 日本版DVD
 
番組ガイドへ戻ります ひとつ前のエピソードへ戻ります ひとつ先のエピソードへ進みます
番組ガイドへ もどる 次へ



Seit 11.Feb.2003 Happiness裕之介